当協会は愛知県内の医療ソーシャルワーカーで構成される専門団体です。

  1. ホーム
  2. MSWを目指す皆さんへ
【MSWの仕事紹介2022】掲載2023年7月31日まで
 急性期病床、回復期リハビリテーション病床、介護老人保健施設、を担当する若手MSWによる仕事紹介です。1本20分程度です。ご覧いただいたら、以下の簡単なアンケートにご協力いただけますと幸いです。
2022年度学生研修①「MSWの仕事紹介」アンケート
(下の画像をクリックすると、動画が見れます)
<急性期>


<回復期>


<介護老人保健施設>

【MSWフェア2021報告】掲載2023年6月30日まで
 2022年3月12日(土)に、現役のMSWが、MSWに関心のある学生等にMSWの魅力や採用情報を伝える「MSWフェア2021」をオンラインにて開催しました。当日は医療機関15施設、学生約60名が参加し、意見交換ができました。以下、参加医療機関作成の当日資料を4つのテーマ別に再編集したものを掲載します。(ロゴをクリックすると、画面が大きくなります)
医療機関の中で働く医療ソーシャルワーカーに出会ったことがありますか?

■出会ったことがある人・・・

 どんな仕事をする人かなんとかなくイメージが持てていると思います。
でも、それ以外にもどんな仕事をしているのかなど、まだまだ知らないこともたくさんあると思います。

■医療ソーシャルワーカーの仕事をまだよく知らない人・・・

 このホームページをみてください。
ほんの少し、どんな仕事をしている人たちかはわかると思います。

■興味関心を持った人、もっと 詳しく知りたい人・・・

 まずは、いろいろ調べてみましょう。調べる方法はいろいろあります。
  • 所属する大学の先生に聞いてみる。あなたよりMSWのことをよく知っていて、いろいろヒントをくれるかもしれません。
  • 現場のMSWの仕事をしている人とまずは一度話をしてみるとよいかもしれません。
    まずは、協会の主催する総会や学会、研修会などに参加してみてはどうですか?
    愛知県協会は、「学生会員」という枠組みを用意して、あなたたちの参加を待っています。
    「学生会員」に是非なりましょう!
  • 現場のMSWと話ができれば、「見学」「実習」などをするためにはどうしたらよいか相談してみましょう。

■MSWの人たちに連絡をとるときに気をつけること

 現場のMSWたちは毎日患者さんやご家族との真剣な相談をしています。患者さんやご家族のニーズだけでなく、医療チームや地域からのニーズにも応えています。そういう仕事をしているMSWの現状を理解しながら、連絡を取っていきましょう。
 事前に、お手紙で文書を送付する、そのうえで電話連絡をする、などよいかもしれません。医療機関によっても対応は異なると思いますが、MSWを目指すあなたとの出会いは、あなた自身で創っていくことが求められます。
 さあ、トライしてみましょう!